〜0年月

塩鱈のピルピル バスク風

オラー♪ (←スペイン語で コンニチハ♪)

11月ですね~♪ 

今年も残すところ あと1ヶ月余り!

早々と忘年会のご予約も入ってきてます!

皆さまありがとうございます m(_ _)m

今年の残りも楽しく行きまショー♪♪

 

さて、新メニューのご紹介です♪

タイトルにございます、

塩鱈(タラ)のピルピル バスク風”です!

 

塩鱈のピルピル

 

以前ご紹介した ”バカラオと海老のアホアリエロ” という

同じく鱈(タラ)を使ったお料理もございましたが

今回もバスク地方の代表的な郷土料理、

”ピルピル”でございます。

土鍋でグツグツする音が ”ピルピル”と聞こえることから

名づけられた このお料理。

 

お客様から 

「どんなお料理?」と聞かれることもしばしば。

 

私はこう答えます。

「タラの皮の下のゼラチン部分を

 オリーブオイルとグチャグチャーっとすると

 フワフワーっとなるので

 それをほぐした 鱈の身と グツグツしております。」

 

これを聞いたお客様にはたいてい

「よく分からないから、食べてみます。」

とご注文頂いております。

 

ハイ! 説明下手です!!エヘ♪

でも、ラタスカの新!名物料理になること必至の

とても美味しいお料理です!!

ピルピルをたっぷりパンに乗せて食べると・・・

あなたは今、スペインのバルにいる気分!!

是非お試しください♪♪